寒くてたまらないなら浴室リフォームを検討しよう

作業員
家の骨組み

快適な田舎暮らしを

三重県は田舎暮らしするのにピッタリです。オススメは中古住宅を購入して、リフォームすることです。特に古民家を購入すれば、雰囲気はそのままトイレやお風呂、キッチンなど最新のもので快適に暮らすことが可能です。

将来のことを考えて

お風呂

バリアフリーの浴室に

将来、加齢により身体機能が低下した時のことを考えて、横浜では浴室リフォームを計画している人が多いようです。横浜の浴室リフォームは、メーカーが様々な設備を用意しているので、それらを使った方が施工が早く費用も安く抑えられるでしょう。出入り口の段差がなく、開口部は広いにこしたことはありません。出入り口は引き戸がお勧めです。折れ戸はコンパクトに収まりますが厚みがあり、開口部が狭くなってしまう恐れがあります。スペースは少なくとも間口1800mm、奥行き1800mmは確保すれば、車いすでの入浴や介助入浴にも対応できます。また、家族と車いす利用者との動線を分けておくと、より使い勝手がいいでしょう。手すりは出入り口付近、出入り口から浴槽までの壁、浴槽の縁や浴槽に接した壁、給水・給湯栓のある壁などにL字型やI字型のものを取り付けましょう。床は一般的にはタイル貼りが好ましいですが、特に砂石調や石目調など表面がザラザラしたものであれば、滑る危険性が少なくなく安心です。人其々好みもありますが、耐久性のある素材を使い、スッキリと仕上げた方がいいでしょう。横浜では冬場の浴室の温度差が原因でヒートショックなどの事故が起こりがちですが、これを防ぐ浴室リフォームは床暖房を設置するのが効果的です。床暖房には電気式と温水式があり、電気式はランニングコストが高いですが、施工性はいいのでどちらかといえば横浜の浴室リフォーム向きといえます。

家族

天井を守ることができる

屋根のリフォームを行うことで、屋根の見た目の印象が良くなったり、天井を守ることができたりします。何よりも雨漏りの心配をなくすためにも、リフォーム業者に見てもらいましょう。防水加工もしてもらうと安心です。

部屋

家の改装を依頼するなら

埼玉でリフォーム業者を選ぶなら、各社の公式ホームページなどで、施工事例をチェックしてみるのが良いでしょう。また、リフォーム業者紹介サービスを利用すれば、基準をクリアした優良業者の中から、最適な会社を紹介してもらえます。